子どもと自然学会
Society of the Child and Nature
日本学術会議 協力学術研究団体

----------------------------------------

子どもと自然学会

 

 2017年度会費納入のお願い   詳しくはここ  

 

  ホームの下の方にも会費納入方法に関する情報があります。

----------------------------------------

-------------------------

無料カウンター2014年2月26日からの来訪者数です。


-----------------------

 

27回全国研究大会 in東大阪 のご案内

 

テーマ(案)「現代の貧困と子どもたち」

 

日程  20171125()1126()

会場  近畿大学 近鉄大阪線長瀬駅徒歩10分 

同奈良線八戸ノ里駅から大学東門直通バス5(土曜運行 日曜運休)

タクシーなら同奈良線八戸ノ里駅からお乗りください

参加申し込み票はここ

 

一般発表予稿集案内はここ

 

参加費 一般1000円 学生・院生400円 子ども無料

宿泊  各自で確保してください(近鉄大阪線八尾駅と奈良線小阪駅にビジネスホテルなどあり)

懇親会 近畿大学構内にて 一般会員3500円 学生・院生2000

 

1.タイムテーブル

 25() 近畿大学(3号館予定)集合

   12:30          受付

   13:0013:20   開会行事 挨拶

13:3017:30   シンポジウム「現代の貧困と子どもたち」報告+総合討論

17:5019:50   懇親会(4号館か旧本館地下)

20:0021:30  理事会+若手交流集会  (一般門限22)

 

 26()  近畿大学(3号館予定)

9:0012:00 一般発表 Ⅰ

12:0013:00 昼食休憩

13:0015:00 一般発表 Ⅱ

15:0015:30 若手交流集会の報告

15:3016:00 理事会報告 閉会挨拶 解散

 

2.テーマ「現代の貧困と子どもたち」

     シンポジウムについて

平成24年度国民生活基礎調査(厚生労働省)において、子どもの貧困率が16.3%、そのうち、ひとり親家庭の子どもが、54.6%と過去最大になる深刻な事実があります。

そのため、国において、子どもの貧困対策を総合的に推進することを目的に、平成261月「子どもの貧困対策の推進に関する法律」が施行され、同年8月「子どもの貧困対策に関する大綱」が策定されました。以後、各都道府県では「基本計画」「施策の方策」がつくられ、具体的に子どもの貧困対策として動き出しています。しかし、主に支援の対象となる子どもは、①生活保護や就学援助等生活困窮世帯の子ども ②ひとり親世帯で経済的困難等を抱える子ども ③保護者のいない子、児童虐待を受けているなど保護と養育に困難を抱えている子どもであるということから、対象の子どもを限定してしまうなど、子どもの実態からはかけ離れた方策になることも懸念されます。他方で、広く地域で子どもの居場所としての「子ども食堂」に助成を行う自治体が生まれるなど、方策の具体化もあらわれてきました。

大綱にうたう「全ての子供たちが夢と希望を持って 成長していける社会の実現を目指して」を達成するためには、経済的な貧困だけではなく、発達・成長し、社会の主権者として生きる主体としての子ども像を展望する必要があると考えます。それは、1994年に、日本政府が批准した「子どもの権利条約」の積極的実効をめざすことでもあります。

そこで私たちは、「子どもの貧困」ではなく、格差社会の中で経済的な貧困状況下に放置されている子どもたちという意味で、「現代の貧困と子どもたち」と捉えたいと考えます。

私たちの「子どもと自然学会」の学会通信誌の表紙の冒頭には、毎号、「世界中のすべての人々が傷つけ合うことなくみんな幸せに、子どもと自然がのびのびと」を記しています。子どもと自然がのびのびと健やかに育って行くためには、世界中のすべての人々が、貧困から解放されなくてはなりません。しかし、世界中はもとより、日本国内においても、貧困と格差に痛めつけられている人々、そして子どもたちがいます。

そうしたとき、東大阪や八尾・大東など大阪府下の都市部において、格差と貧困の中で喘いでいる子どもたちに支援と教育の場を設け支える活動を進めてこられている実践家や組織があります。

今回の子どもと自然学会東大阪大会では、これらの方々から、これまでの活動の報告を受け、今後の課題などを明らかにしたいと考えました。そうして、子どもと自然学会のこれからの活動内容を更に拡げ深めることを目的にシンポジウムを持つことにしました。

 

3.シンポジウム テーマ(案)「現代の貧困と子どもたち」  シンポジスト()

  ①医療生協「かわち野」から、子ども支援チームの方など。4/12訪問依頼( 未定 )

②大東市の「NPO法人だいとう子育て支援ネット」の方など。4/28(石野さん)

③東大阪市の英田地域で、子ども食堂の活動スタッフの方など。4/28(藤田さん)

④元八尾市公立小の養護教諭(保健室の先生)現在は大阪教文センターの教育相談スタッフの方など。3/31(松尾さん)

⑤大阪教育相談研究所の「子ども貧困ネット」からご紹介の方。4/12( 未定 )

シンポのコーディネーターも兼ねていただく予定です。

 

4.会場について

近畿大学(新館)3号館3階 3-3013-3023-303(50名定員)3-304(100名定員)

懇親会場は、4号館3階のレストランか、旧本館地下の学生食堂のコーナーにて

 

5.ホテルについて

  宿泊は各自でお取りください。

  近畿大学の最寄り駅は、JR環状線・近鉄鶴橋駅から近鉄大阪線で10分の長瀬駅です。

  

   

 

 

*************************

 

 

--------------------------------------- 

****************************************************************

2017年度会費納入のお願い

郵便振替:郵便口座

口座番号 00110-4-425968

口座名義 子どもと自然学会 

 

銀行の振込先:三菱東京UFJ銀行 岐阜支店 店番550

  口座番号:0067796

  口座名義:「子どもと自然学会 会長 生源寺 孝浩」(ショウゲンジタカヒロ) 

 

会費 一般会員 2,500円、 学生会員(大学院生を含む)1,000円、子ども会員(高校生以下)500 

 

学会への入退会は事務局長(中谷治代:yfa71772@nifty.com)まで、ご連絡ください。

 

******************************************************************

藤岡・岩田対談のDVD

 2014年4月26日/27日の「思いを語る会」で行われた

藤岡貞彦・岩田好宏対談「生きることと学ぶこと」

のDVDがあります。


 希望される方は送料と若干のカンパ(実費+α程度)をいただいてお送りします。
子どもと自然学会会員の方は500円 会員外の方は1000円です。

連絡先:子どもと自然学会/生源寺孝浩 はここ